ママさんバレー ブロックの仕方

ママさんバレーでのブロックの仕方と9人制での注意点とは?

6人制のクセが抜けずブロックをするとオーバーネットになってしまったり、ボールを吸い込んでしまうと悩んでいませんか?

 

ママさんバレーでの9人制ではオーバーネットのルールがあるので、6人制でのブロックとは全くの別物。6人制経験者のプレーヤーは、気づかずにやってしまいがちなので、注意し、早めにルールに慣れておくことが重要です。

 

9人制バレーボールでは、ネットから手が出たところで手がボールに触れてしまうと、オーバーネットの反則になり、相手のポイントとなってしまうため、6人制の時のように、相手のスパイクを相手コートにたたき落とすという攻撃は難しいです。

 

かといって、ネットから少し離れてたたき落とそうとすると、ボールが巻き込まれて、自分のコートに入ってしまうので、注意が必要です。

 

そのため、ママさんバレーでのブロックの仕方は、ボールを巻き込まないよう、両手を上にあげて、壁をつくり、はね返す、ということにとどまります。

 

ポイントは、体をまっすぐにして垂直状態でジャンプし、ボールにはじかれない姿勢を保つことです。

 

また、ブロックに触れてしまうと、その時点でファーストタッチとみなされるので、2回で返球しなければならず、ブロッカーの判断や、周囲のポジショニングも重要となってきます。

 

ママさんバレーの攻撃力は、年々上がってきているので、勝つためには、ブロックのレベルアップも重要なポイントになってきています。
普段の練習で、積極的にブロック練習をしておくことが勝利の秘訣です。

 

ママさんバレーに特化したバレーボール上達法がついに公開!



  • ママさんバレーをやっているけどなかなか上達しない
  • レギュラーになれず、試合に出られない
  • 個人レッスンは厳しいので家で一人で練習できる方法が知りたい

そんな方にぴったりの練習メニュー教材がついに公開されました。


ワールドカップ金メダル、オリンピック銅メダルを獲得して世界的な名センターと呼ばれた江上由美さんが教えてくれるママさんバレーに特化したDVD教材です。


ママさんバレー上達の極意〜ママさんバレーを極めるテクニック〜 【元オリンピック銅メダリスト江上由美 監修】



江上由美さんは、バレーボールの選手としての経験を土台にして、現在では、ママさんバレーの指導者としても実績がある方です。


サーブ、パス・トス、レシーブ、アタック、ネットプレー、ブロックなどそれぞれの技術における、上達のための効率のよい練習メニューやコツ、指導法は、初心者のママさん選手の間でも、理解し実践がしやすい内容だと評判がいいです。


具体的な練習メニューが、動画でわかりやすく解説されているので、初心者から上級者すべてのママさん選手の上達に間違いなく役立ちます。


ママさんバレーに特化した上達法を知りたい方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。


>>こちら

関連ページ

ブロックの手の使い方と基本のフォーム
ママさんバレーでのブロックの手の使い方と基本のフォームなどについてお伝えしています。
ブロックのタイミングとコツ
ママさんバレーでのブロックのタイミングやコツについてお伝えしています。
ブロックの練習方法 上手くなるには?
ママさんバレーでのブロックが上手くなるための具体的な練習方法について紹介しています。