ママさんバレー ブロック 手の使い方

ブロックでの手の使い方と基本のフォームとは?

ママさんバレーのブロックでは、腕の伸ばし方や手の形など、間違ったやり方をしてしまうとムダなブロックになってしまいます。
まずは、相手スパイカーのボールに負けない手の使い方と基本のフォームをしっかりと身につけましょう。

 

ブロックの構えは、基本的には6人制と同じで、ヒジを上げて両手を構えた状態で、足は肩幅ぐらいに開いて、動ける準備をしておきます。

 

ブロックをするとき、白帯より前に手がでないように、両腕は、前に抑え込むのではなく、壁をつくるように真上に伸ばすのが基本です。
肩甲骨を使って、腕の根元から上げるようにして、手を上げるのがポイントです。

 

手のひらを前に向けて、横から見た時に体がまっすぐになるような姿勢で、しっかり膝にためをつくって、真上にジャンプしましょう。
着地するまでは力を抜かず、手のひらに力を入れ、指先を外に向け、大きく広い手を作っておくことを意識しておきましょう。

 

ブロックの仕方と注意点」の項目でも書いたように、ネットから手が出たところでブロックしてしまうと、ブロックが決まったとしても、オーバーネットの反則になり、相手側のポイントになってしまいます。

 

ブロック時には、前に抑え込まないように、垂直にジャンプして、両腕を前に伸ばすことを意識してください。

 

ママさんバレーに特化したバレーボール上達法がついに公開!



  • ママさんバレーをやっているけどなかなか上達しない
  • レギュラーになれず、試合に出られない
  • 個人レッスンは厳しいので家で一人で練習できる方法が知りたい

そんな方にぴったりの練習メニュー教材がついに公開されました。


ワールドカップ金メダル、オリンピック銅メダルを獲得して世界的な名センターと呼ばれた江上由美さんが教えてくれるママさんバレーに特化したDVD教材です。


ママさんバレー上達の極意〜ママさんバレーを極めるテクニック〜 【元オリンピック銅メダリスト江上由美 監修】



江上由美さんは、バレーボールの選手としての経験を土台にして、現在では、ママさんバレーの指導者としても実績がある方です。


サーブ、パス・トス、レシーブ、アタック、ネットプレー、ブロックなどそれぞれの技術における、上達のための効率のよい練習メニューやコツ、指導法は、初心者のママさん選手の間でも、理解し実践がしやすい内容だと評判がいいです。


具体的な練習メニューが、動画でわかりやすく解説されているので、初心者から上級者すべてのママさん選手の上達に間違いなく役立ちます。


ママさんバレーに特化した上達法を知りたい方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。


>>こちら

関連ページ

ブロックの仕方と注意点
ママさんバレーでのブロックの仕方と、9人制での注意点などについてお伝えしています。
ブロックのタイミングとコツ
ママさんバレーでのブロックのタイミングやコツについてお伝えしています。
ブロックの練習方法 上手くなるには?
ママさんバレーでのブロックが上手くなるための具体的な練習方法について紹介しています。