ママさんバレー フローターサーブ

フローターサーブの打ち方や上手くなるコツ

ママさんバレーのサーブの一つにフローターサーブがあります。

 

顔の前にトスを上げて、押し出すようにたたいて打つサーブで、ボールが回転せず、浮いているように進みます。
変化の仕方が他のサーブと異なり、取りにくいサーブなので、できるようになると、試合の時に強力な武器になります。

 

フローターサーブをうまく打つために一番大事なのが、トスをあげる位置を毎回同じようにするということ
トスを同じ位置に安定してあげられるようになるように、練習をしましょう。

 

コツは、しっかりボールを見て、ヒジを伸ばしたまま、手のひら全体で、軽くトスを上げること。
空中にボールを置くようなイメージです。

 

トスを上げると同時に、腕を肩より後ろにひき、重心移動をしながら、打つ瞬間にヒジをまっすぐにして、ボールの中心を押し出すように強く打ちます。
重心を移動させながら、腰をひねるように打つのがポイントです。

 

フローターサーブは、安定したトスを上げることができれば、確実にコースが正確に狙えるサーブなので、マスターしておくと武器になります。

 

ネットにかかることが多くてなかなかフローターサーブが入らないという方は、まずは、同じ位置にトスがあげられるようになるように、練習を頑張ってみてください。時々、チームメイトやコーチにフォームをチェックしてもらうことも上達のポイントですね。

 

フローターサーブは、打ち方、練習の仕方を間違えると、肩を傷めるなど、ケガのもとにもなってしまうことがあるので、正しい方法で練習を積み重ねていってください。

 

 

 

ママさんバレーに特化したバレーボール上達法がついに公開!



  • ママさんバレーをやっているけどなかなか上達しない
  • レギュラーになれず、試合に出られない
  • 個人レッスンは厳しいので家で一人で練習できる方法が知りたい

そんな方にぴったりの練習メニュー教材がついに公開されました。


ワールドカップ金メダル、オリンピック銅メダルを獲得して世界的な名センターと呼ばれた江上由美さんが教えてくれるママさんバレーに特化したDVD教材です。


ママさんバレー上達の極意〜ママさんバレーを極めるテクニック〜 【元オリンピック銅メダリスト江上由美 監修】



江上由美さんは、バレーボールの選手としての経験を土台にして、現在では、ママさんバレーの指導者としても実績がある方です。


サーブ、パス・トス、レシーブ、アタック、ネットプレー、ブロックなどそれぞれの技術における、上達のための効率のよい練習メニューやコツ、指導法は、初心者のママさん選手の間でも、理解し実践がしやすい内容だと評判がいいです。


具体的な練習メニューが、動画でわかりやすく解説されているので、初心者から上級者すべてのママさん選手の上達に間違いなく役立ちます。


ママさんバレーに特化した上達法を知りたい方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。


>>こちら

関連ページ

サーブの練習方法やコツ
サーブや下手、ミスが多いという方必見の練習方法やコツについて、お伝えします。