ママさんバレー サーブ 練習方法

サーブが下手だと悩んでいませんか?

サーブが下手でミスも多く、相手のチャンスになってしまうと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

また、ボールが手に当たらない、とか、ボールが飛ばないとお悩みの初心者の方もいるでしょう。
中には、肩が痛くてサーブが打てないなんていう悩みもあるかと思います。

 

ママさんバレーでは、サーブは2本打つことができます。

 

強いチーム=サーブ力が高い

 

というのが9人制バレーボールの鉄則です。

 

1本目は、スピードを意識して、積極的にコースを狙い、2本目は、確実に相手コートに入るよう、安全なサーブを打てるように練習しましょう。

 

ママさんバレーでのサーブの練習方法

 

サーブの打ち方の種類はいろいろありますが、まずは、相手コートに入れることが大切なので、確実に相手コートに入るように、まずは、自分が打ちやすく、決まる確率が高い得意なサーブを見つけて、練習をしましょう。

 

相手コートに確実に入るようになったら、コースを狙って打つ練習をしてみてください。

 

コツは、空いたスペースや、レシーブの苦手な選手を狙うことです。

 

サーブの練習のコツは、ぶれないトスを上げること

 

サーブの安定には、ボールをしっかり見て、トスを正確に上げることが大切です。

 

ボールを放す位置から打つ位置が離れていると、トスがブレやすくなるので、できるだけ、ボールを空中に置くような感じで、トスを上げるとサーブが安定しやすくなります。

 

そしてサーブは手だけで打たず、肩を意識して重心を移動させ、ボールにしっかりと体重を乗せて打つのがポイントです。

 

ママさんバレーに特化したバレーボール上達法がついに公開!



  • ママさんバレーをやっているけどなかなか上達しない
  • レギュラーになれず、試合に出られない
  • 個人レッスンは厳しいので家で一人で練習できる方法が知りたい

そんな方にぴったりの練習メニュー教材がついに公開されました。


ワールドカップ金メダル、オリンピック銅メダルを獲得して世界的な名センターと呼ばれた江上由美さんが教えてくれるママさんバレーに特化したDVD教材です。


ママさんバレー上達の極意〜ママさんバレーを極めるテクニック〜 【元オリンピック銅メダリスト江上由美 監修】



江上由美さんは、バレーボールの選手としての経験を土台にして、現在では、ママさんバレーの指導者としても実績がある方です。


サーブ、パス・トス、レシーブ、アタック、ネットプレー、ブロックなどそれぞれの技術における、上達のための効率のよい練習メニューやコツ、指導法は、初心者のママさん選手の間でも、理解し実践がしやすい内容だと評判がいいです。


具体的な練習メニューが、動画でわかりやすく解説されているので、初心者から上級者すべてのママさん選手の上達に間違いなく役立ちます。


ママさんバレーに特化した上達法を知りたい方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。


>>こちら

関連ページ

フローターサーブの打ち方とコツ
フローターサーブを上手く打つためのコツやポイント、打ち方などをお伝えしています。