ママさんバレー ブロックフォロー

ブロックフォローが上手くなるには?

ママさんバレーでのカバープレー、ブロックフォローで慌ててしまう・・・と悩んでいませんか?

 

味方のスパイクが相手にブロックされることを想定して、それをカバーするのがブロックフォローです。

 

9人制バレーボールでは、相手のブロックが3枚つくことも多いので、1回の攻撃ではなかなか得点につながらず、ブロックフォローは欠かせないカバープレーとなります。

 

ブロックフォローが強力だったら、スパイカーが安心して思いっきり勝負できるスパイクが打てますし、
反対に、ブロックフォローが下手だと、ブロックされたら即失点につながるんですね。

 

ブロックされても即失点にならないようにするためには、ブロックフォローの強化に力をいれるようにしましょう。

 

ブロックフォローは、なんとなくおこなっているだけでは、上手くなりません。

 

いつでも上手くなるコツを意識して準備しておくことで、ボールを拾い上げて、得点につなぐことができるようになります。
コツを意識するだけでも、効果がでるので、練習や試合で取り組んでみましょう。

 

ブロックフォローがうまくなるコツ

 

まず、ブロックフォローのポイントは、

 

できるだけ低く構えておき、手・腕を前に伸ばしておく。

 

ということです。

 

さらに、間に落ちたボールもしっかりフォローできるように、各選手の守備範囲を決めておくとよいでしょう。
スパイカーがどこにボールを当てたのかをしっかりと確認し、落下地点を予測することも苦手克服のポイントです。

 

ブロックフォローの練習方法

 

ブロックフォローを練習する時は、ブロックネットというアイテムを使うと効率よく練習ができます。

 

ブロックネットを使ったブロックフォローの練習方法

 

まず、スパイカーがブロックネットに向かってスパイクを打ちます。

 

そして、チームでフォローの位置を確認し、素早くフォローの位置取りをします。

 

ブロックネットでシャットアウトされたボールに反応し、レシーブが上がれば、トスを上げて、再度スパイカーがスパイクを打ちます。

 

そして、またブロックネットでシャットアウトされたボールを拾います。

 

といった繰り返しを何度も行うことで、ブロックフォローだけでなく、チームの繋ぎの力も同時に強化することができ、効率的に練習ができます。

 

ブロックフォローはチームプレーなので、他の練習を混ぜながらしっかりと練習しておくと、得点につながります。

 

しっかりと実践していきましょう。

 

ママさんバレーに特化したバレーボール上達法がついに公開!



  • ママさんバレーをやっているけどなかなか上達しない
  • レギュラーになれず、試合に出られない
  • 個人レッスンは厳しいので家で一人で練習できる方法が知りたい

そんな方にぴったりの練習メニュー教材がついに公開されました。


ワールドカップ金メダル、オリンピック銅メダルを獲得して世界的な名センターと呼ばれた江上由美さんが教えてくれるママさんバレーに特化したDVD教材です。


ママさんバレー上達の極意〜ママさんバレーを極めるテクニック〜 【元オリンピック銅メダリスト江上由美 監修】



江上由美さんは、バレーボールの選手としての経験を土台にして、現在では、ママさんバレーの指導者としても実績がある方です。


サーブ、パス・トス、レシーブ、アタック、ネットプレー、ブロックなどそれぞれの技術における、上達のための効率のよい練習メニューやコツ、指導法は、初心者のママさん選手の間でも、理解し実践がしやすい内容だと評判がいいです。


具体的な練習メニューが、動画でわかりやすく解説されているので、初心者から上級者すべてのママさん選手の上達に間違いなく役立ちます。


ママさんバレーに特化した上達法を知りたい方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。


>>こちら

関連ページ

ネットプレーのコツや練習方法
ママさんバレーでネットプレーを上手く使うコツや練習方法についてお伝えしています。
サーブレシーブの上達法
ママさんバレーでサーブレシーブが上達するコツや練習法などについてお伝えしています。
ママさんバレーのフォーメーション
ママさんバレーでのフォーメーションについて、お伝えしています。