ママさんバレー サーブレシーブ 上達法

サーブレシーブが上達するコツや練習法

サーブレシーブが苦手でミスばかりしてしまう・・・
と悩んでいませんか?

 

実は、ママさんバレーでは、サーブレシーブを苦手とする人は多くて、
「自分のところに来たらどうしよう……」
「弾いてしまったら……」

 

というふうに思う人が多いんです。

 

サーブというのは、距離があるので、その分ボールが重くなり、ミスしやすくなるんですね。

 

サーブレシーブが上達する最大のコツは、普段の練習の時から、いいサーブを受けておくことです。
練習の時から、積極的に強いサーブを受けて、苦手意識を取り除いてください。

 

9人制バレーボールには、ローテーションがないので、一人一人の守備範囲を明確にしておくことも大切です。

 

サーブレシーブ 上達のポイント

 

サーブレシーブの基本は、アゴを引いて構えて、ボールは視野に入る範囲で、腕の隣接面が広いところでとらえることです。

 

ボールを弾いてしまうというときは、両腕で作った面が安定しない時なので、腕の面が必ず視野に入るようにフォームを身に付けるのが上達のポイントです。

 

肩より上にくるボールは、サーブの高さで素早く見極めて、オーバーハンドで受けるようにしましょう。

 

サーブレシーブの練習方法

 

サーブレシーブは感覚が大切なので、実践を意識しての練習を心がけ、かならずセッターに返して終わりにします。

 

サーブの練習も兼ねて行い、ローテーションしながらサーブを打ち、慣れてきたら、セッターのトスをスパイクで打つところまで行うとよいでしょう。

 

常に試合をイメージした練習をすることが上達のポイントです。

ママさんバレーに特化したバレーボール上達法がついに公開!



  • ママさんバレーをやっているけどなかなか上達しない
  • レギュラーになれず、試合に出られない
  • 個人レッスンは厳しいので家で一人で練習できる方法が知りたい

そんな方にぴったりの練習メニュー教材がついに公開されました。


ワールドカップ金メダル、オリンピック銅メダルを獲得して世界的な名センターと呼ばれた江上由美さんが教えてくれるママさんバレーに特化したDVD教材です。


ママさんバレー上達の極意〜ママさんバレーを極めるテクニック〜 【元オリンピック銅メダリスト江上由美 監修】



江上由美さんは、バレーボールの選手としての経験を土台にして、現在では、ママさんバレーの指導者としても実績がある方です。


サーブ、パス・トス、レシーブ、アタック、ネットプレー、ブロックなどそれぞれの技術における、上達のための効率のよい練習メニューやコツ、指導法は、初心者のママさん選手の間でも、理解し実践がしやすい内容だと評判がいいです。


具体的な練習メニューが、動画でわかりやすく解説されているので、初心者から上級者すべてのママさん選手の上達に間違いなく役立ちます。


ママさんバレーに特化した上達法を知りたい方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。


>>こちら

関連ページ

ネットプレーのコツや練習方法
ママさんバレーでネットプレーを上手く使うコツや練習方法についてお伝えしています。
ママさんバレーのフォーメーション
ママさんバレーでのフォーメーションについて、お伝えしています。
ブロックフォローがうまくなるコツと練習方法
ママさんバレーのカバープレー、ブロックフォローが苦手という方へ。上達のコツと練習方法についてお伝えします。