ママさんバレー トスの上げ方

ママさんバレーのトスの上げ方

肝心なときにトスをうまく上げられず、アタッカーに不満をぶつけられたなんてことはありませんか?
アタッカーがアタックしやすく得点につなげやすい絶妙なトスを送れるような、いつも必要とされるセッターになりたいですよね。

 

アタッカーが打ちやすいトスを上げるには、アタッカー1人1人の特性を知って、各選手が打ちやすいトスを上げることが大切です。

 

そのためには、まず、基本のトスを身に付けましょう。

 

ママさんバレー 基本のトス 上手いトスをあげるには?

 

基本のトスは、

 

ボールの下に素早く入り、
両手は三角形の形を作り、前足に重心を乗せ、膝を使って、おでこの前でボールをとらえます。

 

トスに勢いがありすぎると、アタッカーがアタックを打ちにくいので、トスを上げる際は、手首を柔らかく使って、勢いを抑えたトスを上げることが重要なポイントです。

 

単純な山なりのトスでは、短いトスになってしまい、サイドで落下してしまうため、トスの山をアンテナ側に持っていくのがポイントです。

 

ジャンプトスもマスターしよう

 

基本のトスがマスターできたら、次は、ジャンプトスを身に付けておきましょう。

 

9人制のママさんバレーでは、6人制のような移動攻撃は難しいため、トスを上げる場所を変化させ、アタッカーを変えていくという方法を使います。
ですが、相手の前衛も多いので、普通にセッターに返してトスを上げていても、すぐに読まれてしまって、ブロックにつかれてしまいます。

 

そこで身に付けておいた方がいいのが、ジャンプして、空中の高いところでボールをとらえて送り出す、ジャンプトスです。

 

上手いジャンプトスの上げ方は、

 

ボールの落下地点を確認し、膝をじゅうぶんに曲げてからジャンプ。
真上に飛んで、ひじを曲げてボールをとらえ、全身を伸ばすようにしてボールを送り出します。

 

ジャンプトスをマスターすることで、攻撃のバリエーションが増やせるので、ぜひ頑張って練習してみてください。

 

また、前衛選手に何人かトスを上げられる選手がいると、よりいいですね。

 

理想はチーム全員がトスを上げられることなので、実践につながるトスを身に付ける練習を、日頃から行っておくといいですね。

ママさんバレーに特化したバレーボール上達法がついに公開!



  • ママさんバレーをやっているけどなかなか上達しない
  • レギュラーになれず、試合に出られない
  • 個人レッスンは厳しいので家で一人で練習できる方法が知りたい

そんな方にぴったりの練習メニュー教材がついに公開されました。


ワールドカップ金メダル、オリンピック銅メダルを獲得して世界的な名センターと呼ばれた江上由美さんが教えてくれるママさんバレーに特化したDVD教材です。


ママさんバレー上達の極意〜ママさんバレーを極めるテクニック〜 【元オリンピック銅メダリスト江上由美 監修】



江上由美さんは、バレーボールの選手としての経験を土台にして、現在では、ママさんバレーの指導者としても実績がある方です。


サーブ、パス・トス、レシーブ、アタック、ネットプレー、ブロックなどそれぞれの技術における、上達のための効率のよい練習メニューやコツ、指導法は、初心者のママさん選手の間でも、理解し実践がしやすい内容だと評判がいいです。


具体的な練習メニューが、動画でわかりやすく解説されているので、初心者から上級者すべてのママさん選手の上達に間違いなく役立ちます。


ママさんバレーに特化した上達法を知りたい方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。


>>こちら

関連ページ

バックトスの上げ方・コツ・練習方法
ママさんバレーでのバックトスの上げ方やコツ、練習方法についてお伝えします。